【情報刺激があなたの脳を破壊する!?】脳からキレイを保ちましょう

最近の日常生活で、

・イライラする
・なんとなくやる気が出ない
・集中力が昔より減っている
・疲れやすい

こんな症状が強くなってませんか。

精神的な問題、メンタルの不調は先天的な性格や持って生まれたものと思われてきました。
しかし、近年の研究で人間の精神も体力のように上下し、後天的に環境や習慣で鍛えられることが分かってきました。

昔に比べてメンタルに不調があるのは、習慣と環境が乱れている可能性が高く、今後の人生で常に心の問題がつきまとってきます。

情報と選択が多すぎて、脳が悲鳴をあげている!!

現代社会で脳に悪影響を与える最大の原因は情報です。

買い物にしても商品は昔に比べて圧倒的に増えています。
現在は1970年代の5倍の数の商品があると試算されています。
TVでも延々とCMが流れ、番組も情報番組が多いですよね。

そんな中でもっとも多くの情報をもたらしているのがスマホです。
SNSやニュース、広告など。
これまでとは比べ物にならないくらい多くの情報をこちら側に押し付けてきています。

現代人が1日に触れる情報量は、平安時代の一生分、江戸時代の1年分とも言われています。

少し前にベストセラーになった「ネット・バカ インタ-ネットがわたしたちの脳にしていること」という本でも、情報を大量に摂取することで集中力がなくなってしまうこと、しかもそれは大学教授などのレベルでも起こっていることが指摘されていました。

では、情報はどのようにしてあなたの脳を壊していくのでしょうか。

マルチタスクは百害あって一利なし

ネット、スマホによって情報を処理するのにエネルギーが必要で疲れるという点でも問題ですが、最も深刻なのがマルチタスクによる害です。

携帯のバイブレーション音の幻聴が聞こえるファントムヴァイブレーションという言葉がでたのは10年以上前ですが、外的な要因で注意が削がれることほど悪いものはありません。

マルチタスクは昔は良いとされていましたが、近年の研究ではざまざまな悪影響が指摘されています。

・集中力、認知能力、記憶力、自己コントロール能力の低下
・ストレスに弱く、鬱になりやすくなる
・生産性に関しては40%も効率が落ちる
・IQが15ポイント下がる

ということが研究で示されています。
TVやスマホを使用してのながら食いで肥満になるといったことまで指摘されています。

電話しながら運転するのが危険なように、タスクは1つずつが原則。
人間の脳は複数の物事を瞬時に切り替えることはできません。
1つの作業をすると、他の作業に切り替えるのに15〜25分はかかると言われています。
それなのに10分おきに携帯を見ていると、永遠に脳は本来の力を発揮してくれません。

スマホがないと不安ですか。もしそうならば依存症です。

恐ろしいことに、スマホには依存症になる仕組みが組み込まれています。
不特定多数とのコミュニケーションを作り、ランダムなタイミングで通知がくる。
これは依存の大原則を抑えています。

人は他人とのコミュニケーションに関心が高く、またランダムな要素に興奮を覚えます。
通知が来ているかどうかを確認するときは、当然通知が来ているかどうかわかりませよね。そして、通知が来ていると嬉しい。
これはギャンブルの当たる、当たらないで興奮するのとまったく同じ構造です。

こうやって通知の有無をギャンブル的に確認するうちに、依存になっていき携帯を数分起きにチェックしないと気が済まなくなってきます。
携帯が近くにないと不安だという人は、りっぱな携帯依存です。

ネット、スマホ依存になり、情報に飢えた脳の状態になると、やる気に関わる神経物質のドーパミンが狂ってきます。
その結果として、イライラしたり、やる気がなくなったりしていきます。

あなたの脳機能をボロボロに破壊し、メンタルヘルスも狂わせます。

もともと、自分がやりたいこと、改善したいこと、好きなこと、に使うはずだったエネルギーがなくなっているのです。
そんな状況で、理想の自分になったり、よりより人生が送れるはずはありません。

クリーンに整えることで、ストレスなく、また情報が多い中でシンプルに生きられる。
そうすることで、周りに惑わされない。
そうなると、自分の心の声を聞ける。
心の声が聞けて、はじめて自分は何が好きで何をすれば幸せを感じられるのかわかります。

ネット依存、スマホ依存の治療術

ネット断食のススメ

まずは刺激を減らさなければいけません。
デジタル断食がいいですが、完全に行うのは無理ですよね。

そこで、自分が本当に必要な情報に絞りましょう。
なんとなく惰性で見ているものなど、本当に必要かどうかを冷静に判断し、情報の断捨離をしましょう。
脳も正常になり、時間も増えます。

ニューヨーク・タイムズの記事ですが、スマホ依存で本も読めない、映画も見られない、他人と長い会話ができないところまでいった人が、48時間のスマホ断食をしただけで、「久しぶりに人間に戻った気がする」とまで感じています。
参考:依存症だった私が30日間「スマホ断ち」した結果

それ以外にも、スマホは通知を徹底的に切りましょう。
設定で色をなくしてみましょう。
驚くほど、安心感が出ます。

科学的には自然、緑があるところがもっともリラックスさせてくれるので、携帯を家において、近くの公園などを散歩するのが一番のおすすめです。

マインドフルネス

短い時間で、脳を正常に戻すためにはマインドフルネスという、現在に集中するトレーニングがネット、スマホ依存には有効です。
座禅やヨガのエッセンスがここにつまっていて、集中力が上がり、ストレスも解消し、ダイエットにも効果があります。
時間も1日10分ほどで効果があり、忙しい中でもできます。
これは「マインドフルネス」の記事で詳しく紹介いたします。

即日解決30分無料カウンセリング実施中!!

このブログ「NaturalSLiMの教科書」では、自然美を作る方法ついて紹介しています。
ブログに書いてあることをやってみるだけでも十分に効果が出ると思います。
しかし、人はそれぞれ体質や生活習慣が違い、最も適切なプログラムは異なります。
そこで、「ダイエットやボディメイクに関して疑問のある方、自分の体質や生活習慣を診断して欲しいという方」には、即日30分解決型の無料カウンセリングを行なっております。

カウンセリングシートをご記入いただき、生活習慣のどこに問題があるか、何を直せばいいかを30分で解決し、アドバイスいたします。
カウンセリングはLine@で行なっております。下のボタンから友達追加していただき、「1. 即日解決30分ダイエットカウンセリングのご依頼」をお選びください。
気兼ねなく、お気軽にご相談ください。